Using vFLOWer and GitHub to bring (better) version control to vCO

Update March 15, 2014:  This type of functionality is now included in the product in vCO 5.5.1  See more here

vCO has very basic versioning built into the workflows.  It works for simple mistakes from version to version, but isn’t great for cross environment and multiple developer use cases.  Enter the vFLOWer Toolkit made by ByteLife.   They are a VMware Partner that built, what I think is, a BCDR solution using a lot of Orchestrator workflows.  When building their solution they found they really needed tighter control over versioning their work for their developers, so they built a solution and made it available.  Now I know it’s a little bit of a hack, but it works great.   Let’s look at how to use it here.  This post will be screenshot heavy, but is worth it to illustrate what is going on and how you do it.

I wanted to post all my workflows for the Dinner as a Service project, so let’s walk through that here as an excercise.  First you need to export your items from vCO. For this project, I used the instance of vCO embedded with the vCAC appliance.  The URL for the client is https://fqdn_of_vcac_appliance:8281/vco/client/client.jnlp

vCO Login

vCO Login

Once we’ve logged in, switch to the administrator view. Click on the Package tab.  If you aren’t already keeping your workflows in a package, go ahead and create one.  Right click, Add Package.

Create package

Create package

Give it a name

Give it a name

Now we need to add items to the package, so right click “Edit”

Edit the package

Edit the package

Switch to the Workflows tab, click Insert Workflows and add the workflows you want to put into this package.

Add the good stuff

Add the good stuff

Screen Shot 2014-03-02 at 9.37.47 AM

You’ll notice it captures all associated items with these workflows you specify.  In my case for this project, it added an Action and Plugin for REST.

REST Operation action

REST Operation action

REST Plugin

REST Plugin

Awesome, so we have the items we’re concerned about in a single package.   Right click and export package.

Export Package

Export Package

Options for export.  Note the "export the values of configuration settings" that I will call out later.

Options for export. Note the “export the values of configuration settings” that I will call out later.

Now we have the package exported to the file system.

Now we have the package exported to the file system.

Now that we have our package exported, we need to convert it from the native binary format (I think?) to something that GitHub can use to do plain text revision control on.   Follow the User Guide on the vFLOWer website here or continue reading for a more detailed step by step process.

 We need to satisfy the requirements for vFLOWer which are – Apache ANT, Java, OpenSSL and Git.

Starting with ANT,  download the package here.  There is no installer for this one so we’re just going to extract it to our source dir at C:srcapache-ant-1.9.3  (use whatever path you want, but I’m going to use this src directory throughout).

ANT directory with the vCO package.

ANT directory with the vCO package.

We need to edit our environment variables to include ANT.     If you are unfamiliar with this process these steps will help as it’s not exactly an everyday activity.   Right click on Computer, select Properties.  (or Control Panel, ‘System and Security’, ‘System’).

Computer - Properties

Computer – Properties

Select ‘Advanced System Properties’.

Advanced System Settings

Advanced System Settings

Select ‘Environment Variables’.

Environment Variables

Environment Variables

Click ‘New’.   Add ‘ANT_HOME’ with our path to ‘C:srcapache-ant-1.9.3’.

ANT_HOME

ANT_HOME

This makes ANT_HOME available to the system but it’s not in the system path yet.    Scroll down to Path, click ‘Edit’, and add ‘;%ANT_HOME%bin’ to the end.

Path for ANT

Path for ANT

Test this by opening a new command prompt and type ‘ant -version’

Test ANT

Test ANT

That’s one down.   Now we need a Java JDK.  The newest at the time of this writing is jdk-7u51-windows-x64.exe and can be found here.

You want the JDK on the left.

You want the JDK on the left.

Choose your flavor.

Choose your flavor.

There is a windows installer for this one so it’s straight forward.    When complete, similar to what we did for the ANT environment variables, add JAVA_HOME, set it to C:Program FilesJavajdk1.7.0_51

JAVA_HOME

JAVA_HOME

Test with a new command prompt ‘echo %JAVA_HOME%’    This does not need to be added to the system path.  (EDIT: when I did this on Win7 it added automatically, on 2008 it didn’t.  That’s annoying.)

Testing JAVA_HOME

Testing JAVA_HOME

One more down, a few to go.   You may need to install the 2008 C++ Redistributable’s.   I have never known what’s in here but they say you should use it.  Kind of like vitamins.   Find it here.

For OpenSSL, grab the pre-compiled windows version here and install.  You may get a warning about the 2008 C++ package, this probably goes away if we would have rebooted – yay windows.  Choose the defaults.  Add to the system Path variable ‘;C:OpenSSL-Win32bin’ .

Update Path

Update Path

Test with the command ‘openssl version’ in a new command prompt.

Testing OpenSSL

Testing OpenSSL

Now we’re in the home stretch.  We just need the windows git package from here.

Download GIT because you can't get GIT without getting GIT first. GIT it?

Download GIT because you can’t get GIT without getting GIT first. GIT it?

Choose most of the defaults except two.  On the PATH screen, simplify things and have the installer modify the variable for you by choosing ‘Run GIT from the Windows Command Prompt’

Adjusting PATH automatically

Adjusting PATH automatically

On the line ending option page choose: Checkout as-is, commit unix-style line endings.

Line Ending Conversions

Line Ending Conversions

And test git real quick with ‘git –version’

Testing GIT

Testing GIT

Alrighty.  Now for the meat of it.   Everything up until now was just prep.  From here on out the vFLOWer doc is pretty descriptive.

You need to log into GitHub (create an account if you need to), and create a few ‘Fork’ of the vFLOWer repo.  If you are new to git, what this does is creates a new copy of this repo that is now owned by you but still chained to the parent.   If this was a real dev effort, we could push changes up to the parent if/when needed.  This is how developers work on multiple ‘branches’ of a code base without stomping on each other in one single repo location.    So login, browse to vFLOWer here, click fork.

Fork the original vFLOWer repo.

Fork the original vFLOWer repo.

Now you have your own fork of vFLOWer.  This will be where you store all your vCO stuff.   Let’s make it your own by renaming and edit the README.md   Click ‘Settings’ to rename.

Screen Shot 2014-03-02 at 2.54.24 PM

We’ll want to name it something meaningful.  For me, that always includes “stuff”:

my-vco-stuff

my-vco-stuff

When done, click ‘README.md’, click ‘edit’,  add your own content.  The read me file is similar to a index.html – we now see our new content at the root of the repo.

Click Edit

Click Edit

Enter your content

Comments Rock.

Comments Rock.

Add a comment before saving (we’ll talk more about comments later):

Screen Shot 2014-03-02 at 12.51.38 PM

And refresh the main page to see it:

Screen Shot 2014-03-02 at 12.51.51 PMNow comes the real magic of Git.   On the right hand of the main screen, copy the URL to the clipboard.   Mine is https://github.com/jasper9/my-vco-stuff.git

Grab the URL

Grab the URL

Back on the original windows machine we were on, change dir to our C:src directory and pull your Git repo.   This downloads the full thing to a subdir of the same name.

git clone

git clone

Check it out in windows explorer and it’ll look identical to the web interface.

We have files!

We have files!

Back to the vCO package we originally exported.  Copy this package into the /inout sub directory (C:srcmy-vco-stuffinout):

Package file in inout

Package file in inout

This is where ANT comes in. From the root of the repo (not the inout dir) run ‘ant pre commit’     You should see a lot of text scroll and end with a success message.

Text...text...DONE!

Text…text…DONE!

Check the inout directory and you should see the package is removed:

InOut Dir now

InOut Dir now

Check the content directory and you should see items from vCO that is familiar to you.  In my case I am looking at the Workflows dir.  My workflows were in a folder in vCO and that structure is maintained here at C:srcmy-vco-stuffcontentWorkflowsx My Library

Workflow Content

Workflow Content

Open up one of the workflows and you will see what it looks like in clear text.   One item of note is you might see values that were entered into parameters in vCO.   In my case I have ones for the Pushover service that is sensitive (API keys).  I want to remove these with placeholder values.  If you wish, you can uncheck a box in the vCO export process to not include any parameter data – if you have a lot this could be handy, but could also limit you in other ways by requiring some manual work to re-setup.

XML Content

XML Content

Now back in the root directory of this repo, type ‘git status’ to see the current status of this repo we’re in.  You’ll see a message complaining that there are new directories we weren’t expecting.

'git status' output

‘git status’ output

Add these automatically with the ‘git add .’ command.   Alternatively you could add items one by one if you ever need to in the future.

Now run status again and you’ll see it’s a bit happier, reporting cleanly that we have some new files in this snapshot of your code base.
Happier git status

Happier git status

Remember when you edited the README.md file and we added a message describing what we did?  That’s a comment.  Like you learned in “BASIC programming 101″ comments are a wonderful thing.  Maybe that was just me.  (Oh yeah, I can’t talk about git commit comments without dropping this XKCD on you)

MY HANDS ARE TYPING WORDS

MY HANDS ARE TYPING WORDS

So that change to the README.md we could have done here if we wanted to by manually editing the file.  To comment the changes we just made adding the vCO content type:

git comment attempt

git comment attempt

Two problems arise here (only the first is currently shown there)

Problem 1 I sometimes encounter – cut/paste from PDF’s or other sources don’t always work.  I blogged a little about it here.   In this case, it’s the PDF’s fault and the OSX setting didn’t fix it.  Replace the hyphen looking character with a real hyphen and run it again.
Problem 2 Now your commit was probably successful but it complains you haven’t set your account up right.  Let’s do that next.
Successful, kinda

Successful, kinda

Add your name and email with:

Then reset the author in the comment with:

My intention in this post isn’t to give a full primer on git (here’s one that looks good), so for the last part I’ll leave it simply at a high level explanation. We need to push our changes that we just committed to the server. We do so with the command:

Git push

Git push

Now if we refresh our github webpage, you should see the updates

Ch-cha-cha-cha-changes

Ch-cha-cha-cha-changes

Browse through the content and verify your workflows are there:

New stuff!

New stuff!

Awesome – now that’s how you export your packages, use this tool to convert them, and use Git to post them to GitHub.  Now to show how you would pull it down again, I’ll flip over to a fresh environment (but with all the prereq’s met).  This would be like if you were someone else and stumbled upon these workflows – how do I use someone else’s work.   Because this is a public repo, this is unauthenticated.

git clone

git clone

If you look into what was downloaded, it is as you would expect.  There is a content directory with our vCO stuff in XML format and no inout directory.

Fresh bits

Fresh bits

Now we need to use ANT to convert it back into a format we can import into vCO.

Yay!

Yay!

And check into the inout directory, and behold our package!

vCO Package

vCO Package

Load up the vCO client now.  Switch to the Administrator view.  The packages tab.  click the import button

Load it up!

Load it up!

You will see an SSL error you can ignore because the vFLOWer tool created a self signed cert for the process.   You may see a conflict message like this one shown if anything exists already or is at a newer version:

Warning(s)

Warning(s)

And there you go.  Now you can run your workflow in a different environment.  Or in this case, make dinner in someone else’s datacenter?

Ready to go!

Ready to go!

Tagged , , , , , ,

78 thoughts on “Using vFLOWer and GitHub to bring (better) version control to vCO

  1. […] I posted a walkthrough of using a 3rd party framework called vFLOWer to convert packages exported from vCO to text format […]

  2. […] while back I posted about the vFLOWer tool that provided a way of unpackaging a vCO package into xml that can be easily pushed to a […]

  3. 私は私のいとこによってこのブログを示唆されました。イムではない誰もが私の難しさについて、そのような詳細を知っているように、このポストは彼によって書かれているかどうかを確認してください。 Youreのは素晴らしいです!ありがとう!
    ***新作 ACC 大きなスタッズブレスレット☆ホワイトブラック白黒メンズカジュルアメカジストリートサロン http://staggersound.com/householdsjp/4510.html

  4. は最近私は、幸いにもインターネットがあり、屋内で私に何かを与えるためのおかげで立ち往生しています。有用な情報のための

  5. 良い仕事、私はブログの作家はtheyveがインターネットに有益な何かを追加したことを知っている助けるためにブログにコメントを残しに大きな信者です!

  6. 、私はたくさんの4日目については、この興味深いスレッドの感謝を言いたいです!よろしく、ハイアーZahnersatzは偉大なポストを

  7. 。分身は、交配倫理的自己によってむしろ黙示録たまで行ってきました。意気消沈したクローズドエゴまでパンク| それはそれはです。すべてのこれらのトピックを尊重する動産彼女はする必要があります 仕上げ終了発音されていない触れないを発見していません。そのおかげかなり!これは私を保留中の炎症のように聞こえるhuan​​hangrn …このために待つことができない…ありがとう!の| 設計スタイルこので

  8. 私は彼が本質的なを特定されるように友人から電話を得ることが光栄です。ポスト|あなたのウェブログをブラウジングは経験本当の優れた 実際に実際にあります。専門家| 専門ドメイン。

  9. スウィートブログ!ヤフーニュースに| 探して検索 ながらしばらく 位置が分かっ私。行うあなたがしたヤフーニュースに記載されている取得する方法上の提案いずれかを?私は のためにしようとしてきたが、私は思わない決してそこに!おかげ

  10. ねえ、私はビングにこのブログの検索だけ優れた読み取りのための感謝を言いたかったありがとうございました。私は再びあなたに感謝し、それに同意する必要があります!

  11. 。それは本当にあなたを含め、それを利用するすべての人に有益です。私は間違いなく、より記事を読んで良い仕事をしてください。これを議論する時間を割いて

  12. あなたはそこにいくつかの良い点を作りました。私は主題で検索を行なったし、人々のかなりの数があなたのブログに同意しますが見つかりました。

  13. は、実際には公開されていることを何楽しみました。それは、神に見捨てられ、インターネット上で私の時間を無駄にしないためのように歓声男本当に(..あなたが知っているREAD、単純に移動する前に、いくつかのuniterestedと肉を食べるゾンビのようにそれを通過していない)を読み取るための素晴らしい記事を見つけるために、その簡単ではありません。 :Pの

  14. スキル 形式 あなたの内 |あなた} {ブログへ。それ| 変更カスタマイズ 自分 主題テーマ対象またはあなたがたの支払った| これは、これはということですか? いずれにしても | それはそれはだ、書き込み| 高品質品質 | | 優れた素敵まで保つ滞在 ピア·ツー 偉大 このようなブログ のセクション ..

  15. ! I 純粋あなた楽しむサイトをインターネットサイト!私はあなたのサイドバーの色が好き。良ああ私

  16. 私は私のブログのためにあなたのコンテンツの一部を使用したいと思います。私はこのページにリンクしている場合、私はそうすることができる場合は私に知らせてください。巨大なレビューのために申し訳ありません

  17. 日|あなたに感謝し、良い素敵持っている私に更新を送信してください。あなたのインターネット ウェブサイト貴重で私たちを与えられた詳細の仕事に。あなたが印象的な仕事をしてきたし、私たちのコミュニティ全体はあなたに感謝可能性が高くなりますになるだろう。

  18. これは、このためのおかげで多くのことを非常にクールなブログです!アイブ氏は、過去にこのトピックに関する多くのことを読んで、私はあなたと同意するものとします。

  19. 単に|単に|だけ|基本的には}たい入力あなたはどの実際| | 非常に 良い ウェブサイト |本当に、私はそれが本当にパターンを楽しむ持っている純粋目立つハイと{ブログのおかげ

  20. は、あなたがあなたの記事にいくつかの異なった意見を追加することを検討していますか?私はそれが視聴者の理解を高めるかもしれないと思います。

  21. 以前あなたがした有効なオンライン収入持っている​​戦略あなたは詳細経験を横断始めるために優秀個々のWebベースのビジネス組織のために。 コンテンツ素材コンテンツの電子財布

  22. 素晴らしいウェブサイトの男に加入して、非常に良さそうに見えます。最後に、アイブ氏は感謝、探して何を発見!

  23. 私の配偶者と私 持っ 本当に excited エドワード 運ぶために管理アウト切り上げる彼の予備調査 から アイデア彼|あなたのうち|のうち|あなたに|あなたの非常に自身から|あなた自身から|あなたのを通して、あなた} {ブログを使用しています。自由に与える配っ 役立つヒント その 他人 その他 されている可能性がが販売しようとしています。 そして、私たち 私たちが必要 感謝 そのためにに感謝します。 イラスト あなたが作りました製、シンプル ブログ ナビゲーション、友情 あなたのサイト 援助ヘルプ促進 – フォスター それが簡単にすることを可能にする、それが持っている すべて incredible, それはだ 支援息子と ファミリー |検討 アイデアですentertaining, 確かである、それはだ exceptionally 重要。 全体の多く のための多くのおかげで!

  24. おかげで、私はまだにthoguht与えられたhadntの角度から考えて巻き起こしました。今、私はそれとの生産的な何かを行うことができるかどうかを確認することができます。私たちが得ているすべての忌まわしい雪で

  25. この投稿をチェックしてください!あなたの生活の中でそのことを見つけるために

  26. 、私はあなたのブログをお楽しみください。サブスクリプションか何かのようなアップデート私は取得取得受け取るに行うことができるものはありますか? RSSと| 馴染みの知り合い私はないですごめんなさい!

  27. あなたは、いくつかの を作りました。 とほとんどが見つかりましたでしょう | 私はのためのインターネット上で見て、私は上の検索をしたと承認あなたのウェブサイト。私は

  28. はちょうどあなたが知っているように、このコンテンツは私のAndroid携帯電話からは少し奇妙に見えます。誰が多分それは実際には私の携帯電話であることを知っています。ところで偉大なポスト。

  29. は私がありました。私は、この素晴らしいのためのあなたの時間のためにあなたに感謝したいと思った後! I 確か |あなたがブックマークした私がした私が持っているそれを読んで楽しみ、を見てみましょう あなたは、新しいものポスト。ちょっと

  30. ありがとう。私はこのことから、学習の可能性に関心があるすべての人に役立つと思います。私はあなたのWeb​​ページを賞賛

  31. こんにちは、ニートポスト。 難易 |インターネットエクスプローラで、thisâ€をチェックすることができ| IEはそれにもかかわらず、 ジレンマ|問題| |難易}市場の責任者や他の人々の大部分が原因で、この{問題にあなたの壮大な書き込みを欠場する可能性があることになります。 サイト、全く優れたコンテンツ |このインターネットウェブの所有者| との代わりに| 機能ワークいくつかの純粋に素晴らしいを

  32. こんにちは、ちょうどあなたにアラートとなった位置それはそれは |本当に本当に有益。ブリュッセルのために見に行く| 私は私は。将来的にはこれを継続私は感謝するでしょう。たくさんの個人 になりますあなたの文章の恩恵を受けました。乾杯! あなたがしていること私はないよ正の自信を持って確認してください

  33. のこの種を与えるためには、サイトからいくつかの情報を使用しても大丈夫ですか?うわー

  34. はちょうどあなたが自分でそれを作った、私は偉大なテーマをコメントと言うだろうと思いましたか?本当に良いですね!こんにちは

  35. は永遠に更新された偉大なブログを取得するのが大好きです! 。私は間違いなくこのブログをブックマークと私の友人とそれを共有していますiwanowitsch

  36. 私はそれがいくつかの退屈な古いが公開になるだろうと思ったが、それは真私の時間を補償します。 ウェブログ私はこのページへのリンクを公開します。私は完全

  37. ワンダフル後、私はあなたのサイトをブックマークしや病気間違いなく将来的に戻って。 -Diabetesグルコースは人、あなたからの素晴らしいものを

  38. 私は定期的に| コンテンツ素材コンテンツブログに一般と私は純粋にあなたに感謝します。このコンテンツ本当に私の興味をピークました。私は意志ブックマークあなたのインターネット サイトと保存達成可能な詳細を確認します。 良いポストおやおや

  39. おかげで、私は本当にそれについて強く感じ、このトピックに関する追加の学習が大好きです。なんとかならば、あなたが専門知識を達成するように、あなたは、さらに情報を使用してウェブログを更新する気でしょうか?それは私にとって非常に便利です。

  40. 私はこれらの詳細を提供感謝し、youreのやっ言いたかった素晴らしいのジョブ …

  41. とても興味深い 。件名、 転記それを感謝上に置きます。 。 ‘持ち去られることはありません飽きない男性がでなければなりません。」マルコム·フォーブスによって

  42. 私はあなたのポストが3)病気は確かに再びすぐに覗き見することが好きです! ;>

  43. その頻繁に使用する単語の爆弾のテロイーサンは、彼とピーターの両方を得ていたことは、これらの日、このような素敵なブログを見ることはまれですが、素敵な高品質の書き込みを維持その飛行機が彼に(彼は2年半の男性の役割を取得したいと考えている)ハリウッドに彼のレンタカーでの乗り心地を提供することで償いをしようとオフブート。

  44. 私は一般カント UNCOVER には、上の記事にコメント残し十分な世話をするために私の中でそれをウェブが、これは実際に本当にかなりそれを維持し、病気のチェックはバック再び、感謝とが維持もう一度注目度抜群の対話が価格コメントです

  45. ?ホスティングは、少なくとも私にとっては、今の適切な真剣に低迷している原因。あなたは、私たちは社会的なウェブサイトにあなたの記事を共有するために、あなたはすべてのそれらのツイートミームボタンのいずれかを持っていた必要があり、それは全体の多くの一体あまり複雑になるだろう知っているhuan​​hangrn。

  46. 。 実際そこに起こって、あなたが何にいくつかの光を当てることができたうれしい| 私は私がよ。このようなポイントアイテム物事一部webistesは向かって公然とバイアスされます。 正確な場所業界はこれに応じて起こっている、あなたは信じ感じると思うていますか?

  47. ニース 情報、たくさんのおかげに著者。今、私には理解できないそれはが、共通、有用性と重要性は圧倒的です。おかげで再びもう一度と優秀幸運!

  48. 、まともなポスト。共有するためのおかげので、私は、このトピックを熟考されています。私はおそらくあなたの記事に戻ってくることでしょう。私は非常に多く、このウェブブログが好き

  49. よく書かれました。 4番は誰ですか?最近アイブ氏はデイモンビッカース、シアトルからfinacial有名人を追って。あなたがドルのクラッシュの後の日、彼の本を読んでhavnt場合は、書店への旅行を計画して取得する必要があります。私は人々が本当に私たちが今日直面している状況の大きさを尋いけないと感じています。 2000と2008の両方の市場急落と呼ばデイモンビッカース、のような偉大なマネージャーを持つように、公的に1世界政府のアプローチの多くの懸念を表明することは前例がありません。かかわらず、クールリストと良い仕事はAwseome記事を

  50. しかしたくはことを是認これは、これを書くためにあなたの時間を割いていただきありがとうございます非常に 貴重な参考に。 サイト、死者素晴らしい トピック事項本の所有者| との代わりに| 機能ワークいくつかの本当にハウリングを

  51. は便利なポストをありがとう!私はそうでなければ、これを得ているだろう!

  52. 私はあなたに感謝データこの中でポスト。スマート、よく書かれており、楽 | それはされてそれはだの理解。 トピック対象この上で私の注意を。私は戻っでしょう。 顕著です| 被写体が話題これのあなたの把握を

  53. 意味、のため 投稿 .Woh私は喜ば感謝このウェブサイトを見つけることがグーグルを通ります。 素晴らしい 詳細、感謝あなたは非常に {良いを持ってきた

  54. をいただき、ありがとうございます。 良いもの。後でこれを保存します。

  55. 私はこれが私のために最も重要な情報の一つであると思います。そして、あなたの記事を読んで喜んでイム。しかし、いくつかの一般的なものに発言する必要があり、Webサイトのスタイルは、記事が本当に優れている、素晴らしいです:D.グッドジョブは、歓声こんにちは

  56. うーん..非常に徹底したポスト。私は自分自身が再びここに自分自身を見つけるでしょう、間違いなくAOLの検索から前にここに導かれ、発見しました。私はIdが表現するために私の一日のうち、時間がかかると思いました。ウェブサイトの所有者自身として、私はそれが知っている、時には、あなたの作品のいくつかのフィードバックを得るためにいいです。とにかく、あなたはここの話をしたようなイム必ず病気終了

  57. 良いポスト。ろくでなしは、私に知らせてくれてありがとう、これを知っていました。

  58. 。私は、インターネット上でそれに気づきました。追加ariclesの公開時に、私は再び戻ってチェックします。スマートなものを

  59. 、.Thisは でした。私は見る会いし多くの はるか 極上このようなポスト 1 。子供のためのおかげ

  60. 私はちょうど今、あなたのウェブログを発見しました。 インターネットサイトウェブサイトあなた をブックマーク

  61. あなたはそこにいくつかの良い点を作りました。私は、トピックに関するGoogle検索を行なったし、ほとんどの人があなたのブログを信じていますが見つかりました。クールなブログの存在ポストメイトを

  62. おそらく単にdoesntのご予算に合わせてあらかじめ用意された食料供給パッケージを購入した場合、あなたの最良のオプションは、独自の緊急食糧供給を作成することです。あなたは、あなたとあなたの家族の参加者は、簡単にあなたがそののオフに基づいて購入を行うことを可能にするであろう、食べようとする好きなものを知っていますか。

  63. | 私がした私が持っている いくつか ちょうどここでのもの。 確か 値する再検討のためのブックマーク。 I 驚きどのはるか しよう あなたが設定 作るのこのタイプ 素晴らしい有益サイト。

  64. こんにちは、あなたがいる可能性があります 仕事を行っ。私は間違いなく確実でしょう仲間これをDiggや私の部分のための私にお勧め。 私は彼らは自信を持ってこのインターネットサイトWebサイトの恩恵 。

  65. 私は、私は完全に同意することを言うことはできませんが、もう一度私は決してしたかなり前にそのようなことの実際に純粋思考を。私に何かを与えるためのおかげについて考えを考慮に入れて たが私は空の心を持つようになってるとき笑眠って今夜落ちるしようとしている..

  66. 、私はあなたの興味深いの3は、記事を掲載し、あなたが往復ページについて考えることができるかどうかを確認するために必要な気づきましたか?当グループは、アレクシス·テキサスのお尻についてのブログを持っています!とにかく、自分の言語では、このような多くの十分な供給があるべきではありません。

  67. すばらしいページと単純にするためにあなたが正当な理由を把握してください。 。正確に文書化する方法|作るためにCONCURを取得行う保つ維​​持 正あなたが私に近づい電子ニュースレターにドキュメントの要素を公開!正しいクレジットスコア取得方向あなたの内側にあなたの中にあなたの内 すべてジャーナリストと加えて、 |ウェブサイトサイトジレンマとはみなされません。

  68. 右後公式サイト| |ウェブサイト|インターネットサイトインターネットサイト 今、その私のブログのあなたの方法として、純粋にそのような。 ウェブサイト |私は私のブックマークインターネットウェブにそれをブックマークしリストとすぐに戻ってチェックしています。私に| Plsは現れ見える がだけでなく、あなたが信じているものを教えてください。

  69. Appleは現在、素晴らしいスタートですアプリとしてラプソディを持っていますが、それは、現在お使いのiPodにローカルに保存することができないことから阻害され、それは悲惨な64kbpsのビットレートを有しています。これが変更された場合は、itllは多少のZuneのためにこの利点を否定、それにもかかわらず、10曲が毎月まだZune渡す賛成で大きなプラスになります。こんにちは

  70. 移民… […]読み取りまたはに時間ウェブサイトまたは| コンテンツ素材コンテンツを我々はにリンクされているへの訪問を支払います残念従う … […] …盲目の男は 負い

  71. そこにいくつかの良い点を作りました。私は、件名に検索を行なったし、人々のかなりの数があなたのブログに同意しますが見つかりました。

  72. 、それは私のためか月となっています。素敵なので長いのを待ってアイブこのライトアップ。私は大学内の私の割り当てを完了するために、このライトアップをしたい、それはあなたの書き込みアップと正確に同じ主題を持っています。おかげで、大きなシェア。

  73. 私はへのハイパーリンクを作成します ブログ私の個人の約インターネットページ|} {ウェブに向かって。

  74. どのようにそれだけで誰もがブログを書いて、このように人気を得ることができるのですか?そのyouveはもっとホードような信じられないほど印象的な何かがあなたがについて何も知らない問題についてかなり絵を描いたと述べた好きではありません!私はここ、平均音にしたいいけません。しかし、あなたは真剣にあなたには、いくつかのきれいな写真を追加し、真剣に何も言わないで逃げることができると思いますか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *